【ディズニー英語システム】中古で買うならこれから買って!正規購入者が教えるおすすめ教材

f:id:baby_pink1114:20220117172830j:image

ディズニー英語システムに興味はあるけれど、子供に合うかわからない、という方へ。ディズニー英語システムを正規購入した筆者から、まず購入するならこれがおすすめ、という教材をランキングで紹介します。

第一位 Sing Along(CD)

とにかく、英語教育には大量のインプットが必要です。そのインプットのために子供ウケするボリュームのある音源を探すのって結構大変でした。
その点、ディズニー英語システムのSingAlongは、オリジナル曲が131曲収録!英検準1級レベルの文法が、歌になると口ずさめるから不思議。子供は、本当に耳がよくて、何をやっているときでもBGMで流しておくと聞いていて、「今グーフィーが何々って言ったね」とか言ってきたりします。我が家は、ご飯を食べているときにBGMとして流すことが多いです。まずは、このSing AlongのCDを購入してかけ流しから始めるのをお勧めします。

【+αで購入したいもの】

1.SingAlongの絵本か、親向けの「Guide」
親が聞き取りに自信がない場合は、SingAlongの絵本か、親向けの「Guide」に歌詞が載っているので一緒に購入するといいと思います。

2.PlayAlongのおもちゃ、DVD、CD、親向けの「Guide」

お子さんがまだ赤ちゃんの場合は、赤ちゃん向けのPlayAlongをお勧めします。内容が、高い高いとか、お風呂とか赤ちゃん向けのお歌になっています。おもちゃは、知育玩具としても優秀です。いろいろおもちゃを与えずに、このセットだけ買えば1歳半ぐらいまで気に入って遊んでくれると思います。DVDも30分程度と短めなので、育児の息抜きにDVDを見せたりするのもいいと思います。

第二位 Bet time Review(CD)

英語は、継続が大切。そのためには、習慣化するのが手っ取り早いです。Bet time Reviewは、ディズニー英語システムの物語のなかでも子供が興奮しすぎない内容のものが収録されているCDです。これは、DWEのCD、Story and songsの中の一部です。
お話とお話の間は、オルゴールの子守歌のジングルが流れ「Now time to Bed,Close your eyes,and listen to the story」とアナウンスが流れます。我が家は、毎日寝るときにこれをかけて寝ていたところ、これがないと寝れなくなりました笑 寝てからも20分ぐらいは耳は聞いているものなのだそう。これでかけ流し時間を稼げます。ほかの英語教材にはないのでおすすめです。
f:id:baby_pink1114:20220117172733j:image



第三位 Sing Along or Straight Play(Blue-lay)

ある程度かけ流しができたら、その内容を映像でどんな意味なのか理解していくステップとなります。それに必要なのがBlue-lay。
Sing AlongのBlue-layは、歌のMVのようなもの。用語説明のあとにMVという構成で、カラオケ用の歌なしも入っています。
Straight Playは、Sing Alongの歌すべてが収録されているわけではありませんが、Sing Alongの歌に出てくるシチュエーションをよりバリエーションを交えて詳しく説明してくれる映像が入っています。
中古市場だとSing AlongよりStraight Playのほうが安く売られているケースが多く、お試しであればStraight Playの購入で十分だと思います。

 

第四位 ミッキーマジックペンセット

これは、正規品で言う「ミッキーパッケージ」にはついていないのですが、ぜひ購入してほしい教材です。ペンで絵本をタッチするとペンから音がでます。物をタッチすると全ての絵の単語を教えてくれ、キャラクターはお話しします。そのお話しが1パターンではないところがすごいところ。次にタッチするキャラクターが指定され、正しくタッチすると会話になります。クイズやその絵にあったSingAlogの歌も流れます。
ピアノをタッチすると鍵盤によってドレミと違う音が出る仕組みなど、かなり凝っています。やり始めると子供も夢中です。
今の子には、この内容がアプリになってタブレットでできるようになってほしいなーと思ったりもしますが。紙のほうが目にはいいかな。
f:id:baby_pink1114:20220117173038j:image

 

第五位 DWEブック&CD(Story and songs)

いままでご紹介してきたSing Alongなどは、このDWEブックに収録されたお話しを歌にしたもの。歌を聴き、映像で確認し、最後はこのブックでさらに反復するのがおすすめです。しかし、これとってもボリュームがあって読み始めるとすごーく時間がかかります。舌が痛くなります笑 しかし、やっぱり親が読み聞かせるほうが子供は集中して聞いてくれます。絵本をタッチするとそのページを読んでくれるミッキーのペンがあるので、それもおすすめです。絵本をすべて音声にしたCDは、かけ流しにも使っています。


以上、おすすめ5位まででした。
まずはお試しという観点でご紹介しました。
これをやってみて、ある程度英語理解が進んだらアウトプットが必要です。そのアウトプットには、英語教室に通わせるでもいいですし、StepbyStepという教材がさらにあるのでそれを購入してもいいと思いますが、やはり実際の人との会話が身になると思います。お子さんにあったものを選んであげてください。